ド地味生活

検索に10年くらい人生費やしたシステムコンポーザー。31。隠居系でみよんみよんしてるが細々とやっていく。

今年買ってよかった経験。かんじきウォーク

ふきのとうと縄ないスキル獲得 - ド地味生活

山の仙人みたいなお師匠さんたちから、

山の知恵を教えてもらう、の続き。

 

授業料払って、わかんじきで歩く。

平地やら斜面を猟師さんの後ろをついて話しながら歩くと、

自己流で使ってみての気づきでよかったのかの

答え合わせになった思いがした。

 

モンベルの上着、釣具屋の長靴という装備はバッチリだった。

不足していたのは杖、というか杖サイズの木の棒。

猟師さんの杖の使い方をまじまじと見る。

たぶん、物差しとして長さが分かるように印をつければ便利だ。

 

昨年、この冬の雪が凄そうな風を読んだ。

(観天望気:カメムシが多かったら雪多い、猿が出たら翌日は雨。

カマキリの卵の高さと積雪量、ハチの巣の低さと風の強さなどを採集)

 

それをうけて、立山かんじき(芦峅寺の爪付き)をアマゾンで購入。

前回のかんじき話。

かんじき作れたらかっこいいなと憧れる - ド地味生活

 

読みはあたりで、時折優雅なかんじきライフを楽しんでいる。

壺足よりも体力消耗がゆるやかで、距離を歩けることに気づく。

 

雪の浅いところはつま先歩きで爪部分への負荷を小さくする。

足を高く上げて、雪の面に対し並行になるようわかんじきの足を調整し、

垂直に下ろす動作をキープするメンタルスポーツ。

角度が悪いとごぼる。足腰の筋力が鍛えられる。

 

花魁の歩き方、外八文字。

かんじきについた雪を払う狙いで、

前蹴りするように歩くとコサックダンスっぽい。

舞踊と生活動作の関連になんとなく関心。

 

月下の雪原、足腰の鍛錬場。

 

左足のバランス感覚が悪いことを実感した。

雪かきの身体知

雪やばい。
除雪車こない。(おそらく幹線道路に回っていて細かいところに手が回らない)

地域住民の生活道路には深々と雪が積もったまま。

迫る出勤時刻。迫る登校の時間。
一向に来る気配のない除雪車

しゃ~ね~な~。

ラグナ・レウァールFF8)のような肩をすくめる動作で、
やれやれといわんばかりのひとポーズ。
その間に、気持ちをセットして、
フルアーマ―装備。本気出すとき背中に手ぬぐい一本は必須。

(これ、雪かき道場仕込みの豆な)

スコップをおっ掴むと、装備は完璧。

f:id:akisibu:20180130092551j:plain

The Woman with the Metal Shovel
(脳内BGMはThe Man with the Machine Gun)

 

「雪かきって疲れるし大変だね。」って言ったら、

二十年くらい昔「疲れるようにやっから辛いんだよ。」と返されて、

「なんぞ?」と引っかかっていて、その後もずっと考えていたが、

色々暗黙知が多い領域だよなと思ったので、

今自分がやっている手順を言語化してみる。

 

先に人一人通れそうな幅の道を一本、除雪済みの道でスコップを軽く滑らせるのに向いた摩擦抵抗が少なそうな道を確保する。(できれば人が通りやすい通路になるような一本だと効果的、そこは地形とセンスの問題)
あとは道の端からさほど苦労せずに運べる量の雪をスコップで、予め一本つくった道の上を滑らせるようにして運びながら除雪済みの道を太くしていく。
要はトウモロコシの食べ方に似た解法。
https://www.youtube.com/watch?v=x77YnhAS1_4
(まさかすぐ歯が磨けないシチュエーションで、

ガジガジ丸かじりして歯に挟まるような食べ方してないだろうし)

どうしても雪の量が多いと、スコップの端からこぼれるので、多少こぼれたものはあとで回収するから、ざっと粗くても大まかに雪のない面を作ってしまう。
こぼれた雪は筋状になっているので、それらをうまく拾えるような軌跡を描きながら持っていく。まあ、車が当分来ない想定なら、牛耕式でいいと思う。
ぬり絵が得意な人とか幾何学が得意な人なら、イメージしやすいと思う。

心がけとしては、新雪のふかふかな体積のでかさの割に軽い(密度が小さい)うちにこまめに、面倒臭がらずに倒すこと。

これが、時間が経って圧雪状態、シャーベット状態になると密度が大きく、がーって運んでいる時F = maのmがでかくなりがち。さっさと片づけようと勢いをつけるとaも大きくなるが、Fが自分でコントロールできるキャパを超えたり、地形的に何かに躓くとあらぬ方向に行きやすい。圧雪時のひとかきは控えめに。

また、でかい塊を持ち上げるような動作の反復はあまり膝や腰によくないと思う。W = mghのhが高いと不安定になるから雪をどかす場所は低く保つようにしておきたい。

mがでかくならないように(身体の負担が小さく済むように)するのが、疲れにくい雪かきの要諦だと思う。
要は、宿題(タスク)をためるな。という教えに通じる。

雪国の人は、雪と格闘しながら、
雪に躾けられているんじゃないか、
物理や化学や数学の教材に雪はいい例かも、
という気がした朝のこと。

夏までの課題

(1/2アウトライン。1/24本文追記)

昨年を振り返って。

・年始に脾が弱ったのを立て直す

 

二十四節気冬至の期間。どんどん日の出が遅くなる。日暮れも早いが冬至の日を過ぎたら、日が伸び始めるから、どんどん寒くなるけどもうすぐ春だから、ほら、よく観察したら芽を出し始めているんだよ(七十二候)、縁起物食べよう。と元気づけてきたんじゃないかと思えてきた。陰極まりて陽となる。

睡眠覚醒リズムを整えるためにも日光浴大事。地元で一番に日が差す場所を晴れた朝に散歩がてら調べて時間も測定するほど。ある老人ホームがその近辺でちょうど真っ先に日が当たる立地で、採光も考えた立て方なのを観察して、朝日を取り入れるのにいい立地だなと感心した。

一般的にはカレンダーも新しくなる。儂は2月(旧正月に入る少し前のシーズンで変えるけど。)

小寒の初候、芹乃栄とあるが、観測点の情報が不明。

自然薯や仏手芋、加賀丸芋といった粘り強いお芋さんをすりすりして、

とろろにしてお出しでのばしたもの(静岡丸子の丁子屋風)や、

鰹節と昆布で手間暇かけてだしを取った七草のおすましを作って飲んだ。

大根の葉っぱのお茶を飲んだ。

芹よりは、三つ葉の方が食べ慣れているな…という感想。

黒豆を初めて煮た。うまくいった。おせちでは、ちょろぎが好きだが、もう何年も食べていないことに気づいた。

年末に、春の海は定番で好きだが、ちゃっきり節と新潟甚句と南中ソーラン節と江差追分と…聞いていた。大学時代、岳風会の詩吟も聞いて真似てみたことがあるが、楽譜にきちっと描きにくいゆらぎみたいなものにぐっときていたな。

去年と同じ元日から温泉・サウナに行くという過ごし方をした。

年明け、去年は漢方医に舌診などで胃腸が荒れているね、と言われたが、

今年は、舌綺麗だねと言ってもらえた。消化器系システムは持ち直せたようだ。

 

小寒大寒をのりきる

寒四郎はよくわからないが、寒九(今年のセンター試験ごろ)は雪。

仙台市の大崎八幡神社どんど焼きを見たのも、このころか。

焚火であったかかった記憶。

センター=雪、って結びついて記憶されているが、この頃の雪は冷たい粉雪で音もなく積もるタイプの印象。あったかいと水気の多いぼた雪なんだけど。

赤い実の南天ってまだ認識していないが、風邪やのどの調子の回復を期してニッキの味の南天のど飴をなめていた記憶がある。

槙か何かのオレンジ~赤っぽい謎の実を手で感じながら、遠目からはクリーミーな印象の新雪をかんじきで踏みしめ、青空を見上げる。白い太陽が杉など針葉樹林にかぶさった雪を解かすと、雫がぽたぽた落ちるが、その雫にも日光が当たり、七色に輝く。てっぺんに星飾りがあれば、生きたクリスマスツリーだなとぼーっと眺めていたら、ずざざざーっと物音がして、何事かと思ったら、雪が解けてまとめて枝から雪が落ちていく音だった。クリスマスツリーよりダイナミックだ。

冬土用は過労。中学英語・理科・社会5時間付き合ったら、11.5hのひと寝。

教材・ノートは学校のを持ってきてもらって、こっちで用意したのは国語辞典と英和辞書とネットで普段使うサイトと学生時代の受験勉強のおぼろげな記憶で対処。片付けが楽なのがいい。

今は大寒シーズン。水を汲むには寒いな…。図書館やトレーニングルームやジャズ喫茶やスーパーでどんだけ野菜が高騰しているのかのウォッチング。

梅の花が咲くまで旅行等控えておとなしくしてなさい、的なおみくじを12月の初旬(小雪~大雪)に引いたので、そういう過ごし方になってる。12月は煤払いはあまり頑張らなかった、お盆に色んな挑戦をやったので。でも、竈もないような現代の住宅で煤が付着するような場所ってあるんだろうか?などと疑問に思いながら、よくわからず過ごした。裸眼で天体観測に、冬空は向いている。一等星が7つと多い。スーパームーンの月光浴もいい。中学あたりで習った漢文。李白の静夜思の出だしをピンインで変換して、大学でサシで習った中国語で読み上げてみるなんて遊びもやる。床前看月光 疑是地上霜 chuang2 qian2 kan4 yue4 guang1   yi2 shi4 di4 shang4 shuang1

まだ大寒は終わっていない。初侯にフキの花が咲くとあるが、観測点どこだろう?

・スプリングフィーバーを乗りこなす

立春、雪解け、春分、桜の頃。菜の花の黄色、茎葉のやわらかな緑色、青い空。

色彩豊かなこの時期、真冬の白い雪と翡翠の色の川、墨の色の山の水墨画の滋味のある風景からがらっと変わるギャップが大きい。昭和の昔の白黒テレビからカラーテレビへの衝撃とかってこういう感覚と近かったんだろうか?

腎虚対策

春土用の過ごし方を誤り、気枯れを起こした去年。立夏小満には崩れていたし、立て直すのに失敗して夏至に撃沈したので、今年は工夫して回避したい。結局建て直せたのは秋分ぐらいだったか。

座禅用座布団、購入から2年。もはや運動器具?

座る用途にずっと使うものだと思っていた。

 

巻き肩、肩こり、肩胛骨の間のだるさ対策で

バランスボールを用いてブリッジのような動作をした後に、

まるっこい座禅用座布団を見てふと思いついた。

バランスボールのように使えるのではないか?

 

仰向けに寝るときに背中~腰のあたりに座禅用座布団を置く。

上体をそらすような姿勢になる。

呼吸も深くなっているような。

そのまま寝禅。

 

関連過去記事

29歳女性「ついに座禅用座布団を買った」 - ド地味生活

ドイツ俗信辞典ググってみた

「チコちゃんに叱られる」ってNHKの番組で

ドイツ俗信辞典(事典?)ってのがちょろっと出てきたのが気になって、

ヒント:ドイツ俗信事典 ハンス べヒトルト シュトイプリ  wörterbuch deutsch

ヴァルター・ デ・グロイター(Walter de Gruyter )

あたりから色々ググる過程で、

ドイツ迷信辞典という表現も見かけた結果、

「これかなあ~、近そうな本。」って思ったのがこれ。

 

Eduard Hoffmann-Krayer, Hans Bächtold-Stäubli: Handwörterbuch des deutschen Aberglaubens

ウィキペディアでドイツ語の記事もあるし、

そこからウェブリンクもあるので、インターネットアーカイブで読める。

Handwörterbuch des deutschen Aberglaubens – Wikipedia

 

検索過程のノイズで日本俗信辞典 動・植物編 鈴木 棠三

というのも出てきて気になったけど、

大学図書館東洋文庫の棚をうろついていた儂としては

広益俗説弁も面白かった記憶。

国立国会図書館デジタルコレクション - 広益俗説弁

 

重陽の節句(旧暦)をまったり過ごす

重陽の日に、高いところに登ってはじかみをかんざしに…って漢詩の本にあったっけな。

『九月九日憶山東兄弟(九月九日山東の兄弟を憶う)』わかりやすい現代語訳(口語訳)と解説 王維 / 漢文 by 走るメロス |マナペディア|

 

博物館で「怠け者の節句働き」の類の日本語を見たが、

意味が分からなかった。

シフトが違うだけなんだろなあ、くらいの感覚。

知らぬ間に、時間で棲み分けてしまっているんだろうな。

 

菊の花のお茶はカモミールティーと似た感じがした。

クコの実を浮かべ、黄色と赤のコントラスト。

なんとなく甘みが欲しいときは、はちみつをちょこんと。

 

ねんぐわじ饅頭とやらを口にした。イベントの時、限定で出すらしい。

白っぽい蕎麦粉の皮は蒸しパンのようで、

黄色っぽいさつまいもの餡がほくほくしていて、ほわんと甘かった。  

かんじき作れたらかっこいいなと憧れる

金木犀の香りでフワフワしていた。

もうすぐ冬が来る。冬ごもりすると、どうしても脚力が落ちる。

梅見のときやクロッカスを見に行くときに、

長靴で雪の中をズボズボ歩くにも、あまりに雪が深いんじゃ解けるのを待つしかない。

短い距離でも疲労が激しい。雪を上から踏むのに足を上げる動作って踏み台昇降運動と似たような動きをしているからなのかも?

 

やれたらいいな、雪上散歩。

となると、かんじきがあるとよさそうだ。

 

小学生の頃、新潟の雪山でかんじきで雪上ウォークをした。

まあるい形状なので、普段一直線の上を歩く歩き方をしていたから、

かんじき同士が重なって非常に難儀だった。

(67コマ。長岡のかんじきの図あり)

国立国会図書館デジタルコレクション - 生活民俗図説

 

要は、わっか付けて歩いたらいいんじゃないかと誰かが案づいた、「アンヅキ」(69コマ)という伝承がある。雪上交通の革命的な発明なのかも。

 

立山芦峅寺のかんじきは爪がついていて斜面が歩きやすいという評判を聞いた。

www.hokurikumeihin.com

 

卵型のかんじきが意外と各地にあるのを知った。

かんじき(和かんじき)くらべ

 

かんじきウォークの備えにもなるかもと今思ったが、

そういえば今年は下駄で歩いている。

下駄ランニングも。

カランコロンと鳴らせるようになった。