ド地味生活

検索に10年くらい人生費やしたシステムコンポーザー。厄年。隠居系でみよんみよんしてるが細々とやっていく。

秋の匂いからきゅーっとなるシーズン突入

野焼きの匂いなのか植物の匂いか不明だが、

なんとなくスモーキーな匂いがし始めた。

胸がきゅーっと疼く。

 

やがてキンモクセイの匂いが漂えば、

物狂おしく、ぐーるぐーるしつつも、ぽーっとしてしまう。

 

穂が出かけのススキを手折って花瓶に投げ込んでおくと、

日に日にぽしゃぽしゃに広がる。

 

梨、ぶどう、いちじく、やまぼうし、あけび、芋煮、干し柿ヤブツルアズキ

バターナッツカボチャのパンプキンスープ、蓮蒸し…

秋がめぐるたんびに己の中で深まっていくものを感じる。

味覚、嗅覚、直感とかセンスとか育むのに時間がかかる系統のもの。

 

手技療法分野も深めるきっかけを得られた感触。

足の裏にテープを貼っつけただけで、立つのもやっとで、ふらつく。

よちよち歩きの33歳。

足裏等のバランス感覚、センスゼロからの育成ゲー。

思うように動かせない肉体からの、脱出ゲー。

日々蓄積しているダメージに対し、

治癒系のシステムの修復が追いついてないんだろなあという勘。

回復魔法の第一歩はダメージの、入りを制す。